突然の不幸に際し、あなたは適切に動けますか?
普段は考えたくないことだけど
知らないままでは困る常識がいっぱい

宗教や地域、時代によっても違う葬儀の方法やマナー

身内の不幸は悲しいことですが、悲しんでばかりはいられません。

亡くなった故人が自分に近ければ近いほど、葬儀など故人を見送るために、しなければならないことがあります。

悲しさと供養への不安

ところで核家族が進んだ近頃では、葬儀など習慣やしきたりに接する機会が少なく、そのため戸惑うことも少なくないです。 しかも戸惑ってるのに、聞ける相手は限られています。(宗教や地域が違えば、方法が異なる場合が多いため)

日本の葬儀の9割程度が仏式とも耳にしますが、宗派や地域が違えばやはり方法は異なります。

仏壇・手元供養・お通夜・葬儀

不幸に際して、限られた知識、限られた時間、限られた人手、限られた予算のなかで、全ての人に満足してもらえる葬儀というのは・・正直、難しいです。

不幸をお知らせする人は? 新聞への掲載? 会場作りの供花・供物の順番? お布施のタイミング? 香典の管理は? 葬儀屋さんに必要と言われたけどコレ本当に必要?

難しいからと言って、もちろん逃げ出すわけには行きません。

細部に捉われて、より大事な部分がおろそかになっても困ります。

経験から生まれた本音や、専門家をはじめ多くの人に聞いたアドバイスなどについてまとめました。

さらに核家族化や少子化を背景に出てきた新しい形式の供養についてもどうぞ。

永代供養墓、跡継ぎの要らないお墓、樹木葬、散骨、手元供養など、家制度を前提としないお墓や供養のかたちもあります。

身内の葬儀のことで悩んでいる方へ、少しでも助けになれば幸いです。


ピックアップ情報

お墓・仏壇を買わない供養|散骨・永代供養墓・手元供養・共同供養墓
お墓や仏壇の購入にはまとまったお金が必要です。近頃の住宅事情を考えると、従来型の仏壇を購入しても置き場所に困ることも。「お墓や.....

お墓を買わない供養の選択のいろいろ
「亡くなった後はお墓にはいる」というのはこれまでの常識。高価にも関わらず、お墓の購入は当たり前のことでした。でもお墓を買.....

法事・法要の服装を失礼なく適切に選ぶ
法事または法要の服装は、一周忌までは 葬儀・告別式と同様に 喪服 が一般的です。男性は、黒のスーツに黒のネクタイ。女性は、黒のワンピースやスーツなどです。.....

納棺師の映画「おくりびと」
「おくりびと」は納棺師を描いた映画です。2008年に公開された映画です。滝田洋二郎が監督し、主演は本木雅弘。第81回アカデミー賞外国語映画賞.....

納棺師の手際が良すぎて納棺経前に納棺が終わり・・
亡くなった故人を棺にいれる「納棺」。納棺にも地差がありますが、お坊さんがお経(納棺経)をあげているときに納棺する通例の一方で、納棺師の.....

少子化を背景に無縁墓が問題になっています。実はこれって他人事ではないのかも。子や孫が離れて暮らすのも珍しくないことですし、お墓のことで子や孫に負担をかけたくないという考えの人は少なくないです。永代供養墓には興味があるけど、知らない人とお墓に入る合祀には抵抗があるという人に向いたお墓などもあります。角館霊園と後継者・跡継ぎの要らないお墓|仙北市・秋田市が参考になるかな。高齢化の先進県といわれる秋田県での取り組みが実は他の地域の人たちにも参考になるかもしれないです。自分だけはなく家族のためにもお墓のことを考えることが大事です。多くの人が悩んできたお墓のことだから、先人の知恵と経験から答えが見つかるかも。


通夜・葬儀・法事 TOP

葬式・通夜

亡くなった後の手続

忌中

法事・法要

日頃の心がけ

ことば・知識

葬儀にちなんだ映画・ドラマ

特集【手元供養】

特集【お墓のいろいろ】

特集【終活】

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2010 知っときたい!葬式・通夜・法事の準備・マナー&体験. All rights reserved